ブログ

2022年09月26日(月)和菓子作り体験🍡

昨年度に続き、今年度も和菓子作り体験を開催しました👏

講師は昨年度よりお世話になっている、

昭和2年創業の老舗和菓子屋さん、本松葉屋の松下先生です。

くらだし、月一餅、季節のフルーツ大福、

和シャーベットなどが有名で、

地域の小学校の餅つきなどにもご協力されている

天王寺区にある有名な和菓子屋さんです。

👇本松葉屋様 公式サイト👇

大阪市内にある創作和菓子店|本まつばや (hon-matsubaya.co.jp)

.

今回、まなびやの子ども達が挑戦したのは

「月見団子🌖」と「シャインマスカット大福」です。

シャインマスカット大福のシャインマスカットについては

収穫のブログをご覧ください!

 

まずは「シャインマスカット大福」を作ります!

松下先生の技術を間近で見させていただき、

作る際の注意点について学びます✍

①シャインマスカットをあんこで包む

② ①のあんこをシート状のおもちにのせる

③中身がでないように注意しながら、つつんでいく

 

簡単な作業に思えるかもしれませんが、

材料が乾かないように気をつけつつ短い時間で作業をしたり、

こまめに布巾で手をきれいにするなど

気にかけることがたくさん😲

 

気にかけることがたくさんある中でも、

あんこの表面をつやっとさせたり、

おもちで包んだ時にきれいになるように包み方を調節をするなど、

みんな真剣に取り組むことができていました✨

  

  

 

 

続いては「月見団子」をつくっていきます!

先ほど同様、プロの技を見せてもらいます。

①あんこを棒状にし、平たくする

②お団子をあんこで巻く

 

文章でみるとやはり簡単そうに見えますが、

巻きやすいあんこの形成方法や、

あんこでお団子の巻く際の手の動かし方に

子ども達は「手の動き難しそう🥺」と心配な様子…

「もう1回見せてください!」と、

松下先生にあんこの形作りのポイントや、

手の動かし方を熱心に聴いていました!

 

ポイントを聴いた後は、実践です!

あんこの形にこだわりすぎると、あんこが乾いてきて

うまく形が作れなくなってしまったり、

包んだ際に剥がれやすくなってしまうそうです。

「難しい💦」「形きれいにできたよ😆」と苦戦しながらも、

限られた時間で満足がいく月見団子を作ることができました。

  

 

 

 

両方が完成したところで、いざ実食!

シャインマスカット大福を食べて、月見団子をもって帰ることになりました。

  

 

「フルーツ大福は冷蔵庫で冷やすとさらにおいしくなりますよ」と

松下先生に教えていただいたので、

月見団子を作っている間に、シャインマスカット大福を冷やしておきました!

 

「マスカットおいしい💕」「おもち、めっちゃ伸びる😲」

「普通のあんこと違う感じする!」とぺろりと完食😆

 

シャインマスカット大福のあんこは、

白ワイン餡を準備してくださっていたので、

よく食べる小豆のあんことは、また違ったおしゃれな味でした😋

 

普段あまり食べることがない

上品で繊細な和菓子の味は、子どもたちに大好評でした👏

 

【ご協力いただいた講師のご紹介】

本松葉屋

〒543-0041 大阪府大阪市天王寺区真法院町1-14

大阪市で美味しい和菓子をお探しの方は、

ぜひ本松葉屋様をお訪ねください

 

関連記事

  • 2022年12月02日(金)

    🌰どんぐりで緑を増やそう❕❓🌳

  • 2022年11月30日(水)

    まなびや米づくり~お米が届きました🍚✨~

  • 2022年11月30日(水)

    ポイットモンスターをつくろう!🗑👾